つぶやき

2013年7月28日 (日曜日)

感謝

P6266589001

数か月ぶりの更新になってしまいました。

沢山の方に気に掛けて頂き、そしてご心配頂き、本当に感謝の一言に尽きます。

ありがとうございました。

 

悲しいかなcryingガタも来るお年頃・・sweat01

少し低空飛行の生活を送っていました。

 

でも、なーんて言いながらも

合間を見ては、北海道を飛び回って(走り回ってsmile)いた私なので、大丈夫でしょうsign01

 

これからは、とにかく体が資本という事で、治療を受けながら

北海道と共存していけたらと思っています。

 

今を生きる!今を楽しむ! 

北海道の短い夏を謳歌するぞっsign01

 

みぃ

2013年3月31日 (日曜日)

のみこむ

万里子と離れ離れになってもうすぐ1年

4月に1週間ほど横浜へ帰ります。

Imgp7251

「今を生きろ」

「後悔を残すな」

彼女からのメッセージ。

    

 

今回は、自分の中で30年間封印してきた場所を訪ねる予定。

恐ろしくて近づけなかった場所。

でも、大切だった場所。

実際に30年ぶりに足を踏み入れて、自分にどんな感情が湧いてくるのか

未知の世界。

  

でも、そろそろ取り壊しになると聞き

これが最後の機会。

  

「後悔を残すな」

彼女の言葉に背中を押され、覚悟を決めた。

      

30年間の黒い想いに潰されるか、ヒラリと乗り越えるかは

きっと自分次第。

あまり深く考えず、お散歩気分で行ってみよう。

2013年3月14日 (木曜日)

モヤモヤ

P2114294

なんだかスッキリしない毎日・・

   

           

P2164463

冬の北海道も大好きだけど、今はムショーに走り回りたいsign01

             

     Imgp1809_2

果てしなく続く地平線

むせかえるような牧草の香りや、どこまでも続く青い空

    

     

Imgp4293

ぐぁぁぁーーー

バイクで走りてぇぇぇぇ~sign03

   

       

      

P8270277

今晩、夢見ちゃいそ catface  

2012年10月 9日 (火曜日)

秋の夕暮れ

“天使のはしご”

P8220180

幻想的な光景に、思わず息をのむ

        

     

支笏湖も、いつもと違う雰囲気    

P8220172

   

  

姿がどこか友人に似ていて・・・

思わずドキッとする     P8220174

   

   

万里子、“天使のはしご”で逢いに来てよ・・・

逢いたいのにな・・・

             

      P8220158_2

秋の夕暮れ

なんだか寂しい。

2012年9月14日 (金曜日)

清清しい朝

朝5時半起床sign01

ちょっと曇っているけど、もうバイクの季節も終盤場ということで~~

仕事前の朝ツーリングへGOsign03

  

今日は支笏湖近くのオコタンペ湖へ clover

(去年の紅葉の時期のオコタンペ湖は コチラeye )

   

青く澄んだ美しい湖は我が家お気に入りの場所

オコタンペ湖は、湖畔へは降りられないので、遠くからご挨拶catface

P9080932_3        

   

一瞬、雲の合間から朝日が射しこみ、森が鮮やかに浮かび上がる

P9080928_2

  

湖面に鏡の写る樹々や山

美しいconfident

P9080941

聞こえるのは鳥の声だけ。。

    

生きる力をフル充電sign01

清清しい朝、ありがとう。

2012年4月20日 (金曜日)

日々成長

鞍馬寺そして鞍馬山へは10年ぶりの訪問

Imgp2189  

   

    

10年前はスタスタと山道を歩いた記憶だったのに

今回はヒーヒー言いながら途中何度も休憩sweat01

   

木の根道は10年前と変わらず、威圧するかのような力強さを見せ付ける

 Imgp2261

    

   

      

鞍馬山 由岐神社のご神木

Imgp2247

10年前、このご神木に「これからも日々成長する」と誓った事を想い出す

・・・・

「日々成長」

忘れずに生きよう  

2012年3月 5日 (月曜日)

忘れてはいけないこと。

「ナントカは風邪を引かない」を地でいく私だったのに

先週の水曜辺りから体調が優れず、その後38度近くまで発熱

数日寝込んだ

   

寝込むたび

体調を崩すたび

天井を見上げ、熱い息を「はぁはぁ」と吐きながら後悔と懺悔。

日々痛みなく、苦しみなく過ごせることの有難さを忘れてはいけない

体調を崩すたび、そう思うのに

体調が良いとつい忘れて惰性のように過ごしてしまう

忘れてはいけない。

Imgp4934

2012年2月21日 (火曜日)

ちっぽけ

私のお気に入りの場所である 内別川 近くの森の中

家から車で15分程の場所なのに、そこは正に別世界

_1010898

凛と立つモミの樹の力強さが伝わってくる

Imgp7930 自分でもなんだか分からないモヤモヤがお腹の中にあったのだけど

このキーーンと冷えた空気と

突き抜けた空

そして木々に囲まれているうちに、スーーーッと心が軽くなる

Imgp7921

生かされているという事、忘れてはいけない・・と思う。

  

  

鳥の声にファインダーから目を離し、視線を上げると

空高く、悠々と翼を広げる鳥。

Imgp7935

空から見る私は、びっくりするほどチッポケだ。

2011年12月 9日 (金曜日)

愛燦燦

音楽は記憶ととても結びつきやすいそう

懐かしい音楽を聞くと、一瞬でその音楽を聴いていた頃の自分に引き戻されます。

  

その音楽を聴きながら考えていたこと

その音楽を聴きながら感じていた想い

その頃の自分の想いが溢れてきます。

 

先日、何十年ぶりかに美空ひばりさんが歌う「愛燦燦」を耳にしました。

ずっと避けてきた美空ひばりさんの声

何十年ぶりに、穏やかに聴くことが出来ました。

 

 

美空ひばりさんが亡くなったのは1989年6月24日、私の母が世を去る4日前でした。

母は昏睡状態に陥り、私は何も答えてくれない母と病室で2人きり

無音が怖くて、テレビを小さな音でずっとつけていました。

テレビでは美空ひばりさんを偲ぶ番組が朝から深夜まで・・

十代だった私は、その時初めて美空ひばりさんの歌をじっくりと聴きました。

 

『愛燦燦』

   人は哀しい 哀しいものですね

 

想いのこもった歌声とこの言葉に、私は初めて声を殺して泣きました

歌を聴いて泣いたのは初めて

美空ひばりさんの歌を聴きながら、母と向き合う苦しい4日間でした。

 

そんな過去から、美空ひばりさんの声と結びつく私の記憶は苦しいものでしかなく

その記憶と共にずっと私の奥深くにしまっていました。

 

ですが、先日ふと流れてきた、美空ひばりさんが歌う「愛燦燦」

いつもならすぐにテレビを消すのですが、その時は声に惹き込まれました。

そして気付きました

違う・・苦しい記憶ばかりではない

ひばりさんの歌は、母と一緒に聞いた最期の歌なんだと。

Imgp9360

「愛燦燦」

私と母を最後に繋いだ大切な歌。

2011年9月19日 (月曜日)

時間の波

Imgp0329

   

Imgp9524

先週のとある朝7時

窓の外を見ると雲は多いけれど少し陽射しも出てる

ずっと雨で、なかなかバイクに乗れない朝が続いていたので

goodよしっ!と思いたち、近所へ1時間の早朝ツーリングsign01

最近は支笏湖方面(山方面)ばかりに行っていたので、今日は久しぶりに長沼方面(牧草地帯)へ

 

バイクで走ること5分

牧草地帯の中の一本道をひた走る

目に飛び込んで来るのは、前回走った時とは違う秋の色

青々としていた稲は、頭を垂れた稲穂となり黄金色へ

麦畑も黄金色

遠くまで見渡すと、緑の牧草地帯と黄金色の畑とでパッチワークみたい

なんだかシミジミ

美しいなぁ・・

 

牧場沿いの道に差し掛かると、すぐそこに牛さんの群れが

そして、どさんこ馬もモサモサと草を食む

時間が止まったかのような、のどかな朝の風景

 

ふと横浜にいた頃の7時の風景を思い出す

車の渋滞

満員電車

大混雑の駅構内を、人込みをぬって早足で歩く私

 

あまりの違いにちょっと可笑しい

同じ時間なのに、流れてる時間の波が違う

なんだか少し不思議な気分

でも、なんだか少し得した朝

より以前の記事一覧

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

まき毛

  • まき毛
    ♂ 7歳 【貫禄の長男 温厚だけど人間には媚びないぜ】・・前飼い主飼育放棄により我が家の一員に

あれ

  • あれ
    ♂ 7歳 【チャラ兄貴 運動能力抜群の甘えん坊】・・前飼い主からの虐待により保護 我が家の一員に

アメリ

  • アメリ
    ♀ 6歳 【永遠の乙女 おっとり系だけど超絶人見知り】・・とうきび畑にて保護 我が家の一員に

みぃみぃ

  • Imgp1785_2
    ♀ 4歳 【永遠の末っ子 人間大好き!大好き!の超~絶甘えん坊】・・千歳保健所から家族の一員に

ゆきちゃん

  • ゆきちゃん
    ♀ 1歳 【我が家の鉄砲玉:別名「白い悪魔」 恐いモノ知らずのヤンチャ姫】・・千歳保健所から我が家の一員に

リンクリスト