« オンナの戦い | トップページ | 小樽 »

2013年1月20日 (日曜日)

スズメバチに刺されたら・・

北海道でバイクに乗っていると、避けては通れないアルモノとの闘いimpact

それは・・

sign03

 

横浜でもバイクに乗っていると、時々ゴガネムシなどが頬に激突して

イデッcrying」 となる事はあったけど

北海道はそんなの比じゃないsweat02

夜になんて走ったら、バイクはもとより服やヘルメットは虫だらけwobbly

昼はと言うと、トンボと蝶々との闘いがメイン。

私は何故かトンボと闘う事が多いのですが

ハンドルを握る袖口に入ったり・・

首元からシャツの中に入ったり・・ などなど

日常茶飯事pig

  

で、本題はここから・・

去年のある夏の日

羊蹄山の麓のコノ道をバイクで走っていた時、突然前を走るまーさんが停止。

P8220090_2

慌てた様子で上着を脱ぎ捨て、服をバタバタ

「ヤバイ・・もしかしたら蜂に刺されたかも」

そう言いながらも服をバタバタ、そして服の上から体を叩く

服を脱ぐと、服の中から大きな蜂wobbly

見た瞬間、血の気が引く

「スズメバチ・・impact

(何に刺されたか特定出来る方がいいのかも・・と思い慌てて撮った写真。

苦手な方もいらっしゃると思うので、画像小さく載せました。クリックすると大きくなります。)

P9121094

 

傷口から毒を絞り出そうと、試みるけど思うようには絞れないwobbly

この後、どうすべきなのか分からず、道端でちょっとパニックsweat01

結局たまたま近くに診療所を見付けることが出来たので

すぐに処置を受けられホッと一安心。

だけど、最後に先生から

「1ヵ月後に抗体が出来ているか否かの検査を必ず受けるように」

と念を押される。

もしハチ毒の抗体が出来ていると

次に刺された時に 「アナフィラキシー・ショック」に陥り命を落とす危険もあるため

「エピネフリン」という注射を常に携帯しなくてはならなくなるとの事。   

一生そんな恐怖を抱えるのか・・と思うと恐ろしくなるsweat02

      

お仏壇に向かい毎日お願いすること1ヵ月

検査結果は陰性

ホッと胸を撫で下ろしました。

   

スズメバチに刺されたというニュースや「アナフィラキシー・ショック」という言葉は

よく耳にしていたのに、具体的な対処方法など、いざとなると分からなかった私。

   

ちょっと気持ちのいい記事ではないけど、

誰もがあるかも知れない「もしも・・」の時の為に、載せました。

    

《ハチに刺されたら》 
    1. その場から身を低くして離れる。
       ハチが興奮すると攻撃する仲間が増えます。できる限りその場から離れましょう。
         
    2. 傷口を強くしぼりながら水で良く洗う。
      アウトドアー用の吸い取り器具も売られています。口で吸うのは良くありません。
      口に傷があるとそこから毒が吸収されます。
          
    3. 傷口を水で冷やす。
       毒の吸収を遅くすることができます。
          
    4. 抗ヒスタミン軟膏かステロイド軟膏を塗る。
       アンモニアは効果がありません。

                    【豊島区役所 ハチに刺されたときの応急処置 より】

       

    « オンナの戦い | トップページ | 小樽 »

    徒然日記」カテゴリの記事

    コメント

    いろいろあるのね。
    スズメバチ、どこにでもいるような、、、恐いです。
    処置の仕方、覚えておきましょう、念のため。

    自然いぱいの北海道、こんな危険もあるんだな!
    広い大地なのに、何を好んでまーさんの服に飛び込んだのかなぁ!
    この色の蜂はスズメバチですよね。 ツーリングも命懸けだ!
    でも、まーさんが無事で良かったですね。
    子供の頃、田舎の家の軒下に大きな円い蜂の巣がありました。
    棒で突いたりして悪戯したけど、とっても危険な遊びだったのですね。
    スズメバチの講義、参考になりました。

    倶知安とか真狩の方でしょうか、絵になる風景ですねshine
    ツーリングには、もう少し時間が必要ですかねhappy01

    みぃちゃん、おばんでした♪

    まーさん、無事でよかったね!!
    ツーリングにそんな怖いことが隠れていようとは・・・
    大自然、何があるかわからないからね。
    気をつけなきゃね。
    そして、何が起こるかわからないから
    色んな知識を備えておくのも必要だよね。
    みぃちゃんもくれぐれも気を付けてね^^

    レオママも若い頃50ccのバイクで駅まで通っていました。
    夜なんか街頭もない道をバイクでも20分くらいかかる田舎でした。
    夏はカナブンとかガとかいろんな物顔にぶつかりました。
    その頃はヘルメット着用ではなかったしうら若き19歳のミニスカートのお嬢ちゃんでしたから嫌でしたね。

    蜂は遭遇してなくてよかった~

    そうそう長男が小学校低学年の頃蜂に刺され病院にいったのです。
    その時先生に今度刺されたら死んじゃうからいたずらするんじゃないよ!といわれました。
    それからしばらくして学校から泣き泣き帰ってきて蜂に刺されたから俺は死んじゃうんだ・・・と言って大騒ぎした事ありました。
    二度目は小さなミツバチみたいでしたcoldsweats01

    よくおしっこかけるとか言いますが全く悪い対処法らしいですね。
    水で洗い流すのが一番いいみたいですね。

    ひろりんさん
    最近は猛暑が原因なのか夏になると「スズメバチ」での事故など、ニュースで見掛けたりしますよね。
    昔はそんなに聞かなかった気がするけど・・・
    念のため、覚えておいてくださいねconfident
       
    michiさん
    ほんと!こぉ~んな広い草原なのに、何を好んで出遭ってしまったのか・・
    でも、本当は蜂さんが一番災難だったんですよね。
    ただ飛んでただけなのに、人間と衝突!
    ほんとゴメンナサイsweat01と家に戻って落ち着いてから、そう思いました。
    michiさん、子供の頃キケンな悪戯してたんですねannoy
    でも、その気持ち分かります・・
    子供の頃、蜂の巣ってとても興味がありましたよね。
    でも大きな円い蜂の巣って・・もしかしたら・・ですよね。
    何事もなくて良かったです。
       
    ぬさま
    おぉぉぉ~~~さすがっsign03
    そうです、ココ真狩です!!
    「道の駅 真狩フラワーセンター」の少し留寿都寄りの道でやられてしまいました。
    なんでこんな広いところで出遭ってしまったのか・・
    でも、真狩はとてもいい所ですね。
        
    ぴあのちゃん
    ありがとうhappy01
    ほんと、何事もなくてホッとしました。
    実際に刺された時は抗体の結果が出るまでは、ブログのネタにするのもなんだかバチ当たりな気がして、ブログにも書けなかったんだよね。
    ほんと、大自然なにがあるか分からないってその通りだと思ったよ~
    キタキツネのエキノコックスとか、北海道に居たら知っておかなくちゃいけない事もあるよね。
    正しい知識ほんと必要だねpencil
      
    レオママさん
    レオママさん、ライダーだったんだね~~
    そうそう、ほんと虫さんぶつかって来るんだよねぇwobbly
    ご長男さん、2度目に刺された時は、それはそれは恐ろしかったでしょうね。
    「今度刺されたら死んじゃうぞ」ってお医者さんからの言葉が、頭の中をグルグルしていたんだろうなぁ・・
    それにしても、ミツバチで良かった!!
    実は私も、子供の頃にミツバチに私も刺されたことあるけど、1日中ジンジンして痛かったことを覚えていますwobbly
    そうそう!私は調べていて知りました。
    おしっこは意味がないらしいですね。
    それにしても、なんでおしっこをかけるなんて事になったんでしょうね?
    アルコール消毒????

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1539621/48654876

    この記事へのトラックバック一覧です: スズメバチに刺されたら・・:

    « オンナの戦い | トップページ | 小樽 »

    2015年5月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    まき毛

    • まき毛
      ♂ 7歳 【貫禄の長男 温厚だけど人間には媚びないぜ】・・前飼い主飼育放棄により我が家の一員に

    あれ

    • あれ
      ♂ 7歳 【チャラ兄貴 運動能力抜群の甘えん坊】・・前飼い主からの虐待により保護 我が家の一員に

    アメリ

    • アメリ
      ♀ 6歳 【永遠の乙女 おっとり系だけど超絶人見知り】・・とうきび畑にて保護 我が家の一員に

    みぃみぃ

    • Imgp1785_2
      ♀ 4歳 【永遠の末っ子 人間大好き!大好き!の超~絶甘えん坊】・・千歳保健所から家族の一員に

    ゆきちゃん

    • ゆきちゃん
      ♀ 1歳 【我が家の鉄砲玉:別名「白い悪魔」 恐いモノ知らずのヤンチャ姫】・・千歳保健所から我が家の一員に

    リンクリスト