« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月曜日)

ヒグマ

アイヌ民族博物館で出会ったヒグマ

とにかく大きな体にただただ驚き!

_1010908

愛嬌たっぷりで可愛い・・と思ったけれど、森の中で出遭ったら

出遭っただけで失神してしまうな・・きっと。

   

_1010917_3

肉球の大きさったら wobbly

(手前に雪が写りこんでボケてしまいましたぁsweat02

      

  

終始愛嬌たっぷりの表情でしたが、ふと見せた表情はなんだか寂しげ・・   

_1010914

北海道の生態系の頂点に立つヒグマは

アイヌの人達が最も尊ぶ神(カムイ)だったのだそう。

  

今こそアイヌの人達から学ばなければいけないのかも知れない・・

2012年2月26日 (日曜日)

“おとうさん犬”のご長男

アイヌ民族博物館には、北海道犬(アイヌ犬)が数頭飼育されていて

その北海道犬に会えるのも、楽しみの1つでした。

    

実は子供の頃、家にはオスの北海道犬(コロちゃん)が居ました。

私が一番最初に仲良くなった動物です。

でも、いつも泣かされていたんですけどねsweat01

 

自分の体よりも大きいコロちゃんに飛びつかれ、毎回転倒、そして私に馬乗り・・

おやつを食べていると、横からグイグイとやって来ておやつを横取り・・

喜んで走り回るコロちゃんの頭がアゴに当たり、口の中を噛み流血・・

散歩に行けば、急に走り出したコロちゃんに引き摺られ号泣

公園で他の犬とケンカになり、リードが手から離れず

そのまま犬のケンカに巻き込まれ、他の犬に噛まれる私・・

  

なんだか泣かされた事しか思い出しませんがcoldsweats01

幼い頃の私はコロちゃんが大好きでしたhappy02

なので、今回北海道犬に会えるのをとても楽しみにしていました。

  

    

犬舎の前に着くと、いる!いる!たくさんの北海道犬sign03

懐かしいなぁ~と見ていると

何故か1匹だけ広いスペースに居る北海道犬が・・・

Imgp7954

へぇぇ~~

アノ有名なおとうさん犬のご長男とのこと。

Imgp7958

背中を向けてなかなかコッチを向いてくれないけど、赤い首輪なんかしちゃって

ものすごく意識してる感じ delicious  

  

   

お父さんに似てるかは???だけど_1010921

有名犬のご子息は、他のワンコ達よりも断然広い敷地での~んびり

    

   

犬舎の前に来た時は

happy02コロちゃんだ~~」 とはしゃいでいた私でしたが

扱いのあまりの違いに、正直ちょっとモヤァ~とした気持ち。

  

でも、今まであまり注目を浴びなかった、地味なdog北海道犬。

注目を集めるきっかけを作ってくれた“おとうさん犬”は

やっぱり北海道犬界の大スターshineなんだろうな catface

2012年2月25日 (土曜日)

アイヌ民族博物館

子供の頃一番大好きだった本

佐藤さとるさんの「コロボックル物語」シリーズ。

全巻を何度も何度も読み返し、密かにコロボックルの存在を信じていました。

あれからン十年・・

道産子になり、よりアイヌ文化への興味が湧いて来たワタシcatface

  

先日ずっと行きたかった白老にある「アイヌ民族博物館」へ・・

_1010931

アイヌの古式舞踊やアイヌ楽器のムックリの演奏などを真近で見ることが出来ました。

Imgp7970

現在も北海道を中心に数万人のアイヌ民族の方々が暮らしているそう。

反面、様々な差別もあったようで、今でも多くの問題が残されているとのこと。

Imgp8016

自然の中の一員として自然と共に生き、そして自然(神)を崇める

人としての原点を教えられた気がしました。

Imgp8012

  

北海道に来て、北海道に残る多くのアイヌの文化を肌で感じてきました。

中でも地名には特徴があり、アイヌ語が由来しているのだろうなぁ・・

と漠然と思っていました。

なんとsign03

北海道の地名の90㌫がアイヌ語との事。

・札幌  アイヌ語 =サッ・ポロ・ペッ (乾く・大きな・川)

・室蘭  アイヌ語=モ・ルラン (小さい・坂)

・洞爺湖 アイヌ語=トーヤ (沼・岸)

ちなみに・・

雑誌のnon-noは、アイヌ語の「花」(アイヌ語:ノンノ)から付けたのだそう。

アイヌ語に益々興味が湧いてきた私でした。

2012年2月21日 (火曜日)

ちっぽけ

私のお気に入りの場所である 内別川 近くの森の中

家から車で15分程の場所なのに、そこは正に別世界

_1010898

凛と立つモミの樹の力強さが伝わってくる

Imgp7930 自分でもなんだか分からないモヤモヤがお腹の中にあったのだけど

このキーーンと冷えた空気と

突き抜けた空

そして木々に囲まれているうちに、スーーーッと心が軽くなる

Imgp7921

生かされているという事、忘れてはいけない・・と思う。

  

  

鳥の声にファインダーから目を離し、視線を上げると

空高く、悠々と翼を広げる鳥。

Imgp7935

空から見る私は、びっくりするほどチッポケだ。

2012年2月20日 (月曜日)

気になる「くま」

北海道の動物と言えば・・・

sign01

北海道では店先など、沢山の「くま」を見掛けます。

先日も、新千歳空港でメロン熊に出遭いましたが

コチラ、最近気になっている近所のくま smile

Imgp7915_3

鮭を首から2匹、足元にも1匹

でもまだ物足りないご様子・・・

でもそのわりに無表情sweat02

   

気になる catface

2012年2月18日 (土曜日)

樹氷じゃなくて・・粗氷

「なかなか撮るチャンスがなかった樹氷を撮りに行こうsign03」と出発dash

ちなみに・・

山奥に出掛けた訳ではなく、車で5分ほどsweat01

ご近所ですcoldsweats01

Imgp7690_3

横浜に居た頃は、「樹氷が見たい!」と蔵王まで行く計画を立てたりしていたのに・・・

でもそう言えば

蔵王の樹氷ってもっとモコモコと雪が付いたような状態だったなぁー

と小さな疑問発生sign01

「樹氷の定義ってナニ?」と気になり調べたところ

私が撮ったのは“樹氷”ではなく、“租氷”(ソヒョウ)と言うらしい・・・

よって以下は粗氷にて~pen

Imgp7721

あいにくの曇り空だったので、ちょっと残念sweat02

でも枝の1本1本が氷でコーティングされ

美しいshine

Imgp7718

粗氷は、寒ければ出来るという訳ではないようで

気温がマイナス20度でもナイ時はナイ!

前日暖かく、急に冷え込んだ朝に見られることが多いようでした。

Imgp7724_2

  

  

遠くに見える粗氷は、まるで満開の桜のようcherryblossom

Imgp7706_2

それにしても“粗氷”ってなんだか地味なネーミングthink

こんなに美しいのに・・

Imgp7700_3

薄日が差してほんの少し気温が上がると、みるみるうちに消えてしまう粗氷

あと何回出遭えるかな confident

2012年2月15日 (水曜日)

冬のサーモンパーク

Imgp7654_2 ソフトクリーム目当てに、買い物帰り 道の駅「サーモンパーク」へ

  

秋になると、鮭を捕獲するインディアン水車がある場所。

静かな千歳川をイメージしていたのですが

 

ビックリsign03

雪像がいくつも立っていて、小さな雪まつり状態

Imgp7648

Imgp7646_3

  

サーモンパーク内では、鮭の写真展が行われていました

Imgp7661

   

    

ちなみにコレは夏祭りの1コマsmile

Imgp0758

千歳では、やっぱり鮭は愛されてますheart01

2012年2月14日 (火曜日)

気になるもの

牧場内にある、近所のソフトクリーム屋さん 『ミルキーベル

牛さん目当てに出動sign01

牛の鼻は私の大好きな手触りの1つ catface

鼻と鼻でご挨拶~

Imgp7631_2

べロ~ンと舐められる catface

かわいいぃ~

  

牛の鼻には「鼻紋」と言う固体認識に使われる、人間で言うと指紋のようなシワがあって

鼻の模様も牛さんそれぞれ。

  

子供の頃、その鼻の模様やシワの事を図鑑で知り

実際にどうしても見たくて、触りたくて、牧場に連れて行ってもらった記憶がある。

牛の鼻だけをスケッチブックに書き写したりして・・・

鼻に触り、手をモグモグされたりして・・・

今思うとヘンな子だsweat01

Imgp7612

Imgp7627 

でもやっぱり大人なっても、目がいってしまうんだなぁ~

牛さんの鼻・・・ catface

2012年2月13日 (月曜日)

千歳 スーパーの日常

夕方、千歳のスーパーの日常風景。

全身迷彩服に身を包んだ屈強そうな方達が

買い物カゴを下げてお買い物しています。

お仕事帰りの陸上自衛隊の方達shadow

スーパーに迷彩服ってちょっと異様な感じで、最初はビックリsign01

でも今では、逆に「何かあったら助けてくれそう」な安心感がありますけどねcatface

 

 

スーパーではこんな大きなほっき貝も売ってます(携帯でパシャsign01

Pap_00051

あと驚いたのがタコの頭sign01

Pap_0008_2

北海道では足よりも頭を食べる習慣があるそうで

ゴムボールのような大きなタコの頭がパックに入って

売られていたのを見た時はビックリ

   

他にも、鮮魚売り場には見たこともないような魚が並んでいる事も多く

ちょっとした水族館気分でのぞいてしまいますsmile

  

ちょっとグロテスクな ゴッコ(ピンボケsweat01

Pap_0007

カスペsign02

Pap_0006

いったいナニモノなのか全く見当も付かず・・・

家に帰って調べてみると、エイのヒレだそう。

ふーーん

   

じゃあ・・・

(みず) ってgawkナニ?

2012年2月12日 (日曜日)

支笏湖 氷濤まつり

先週、支笏湖で行われている『氷濤まつり』へ・・・

Imgp7820

去年、あまりの寒さに痛い目を見たので、完全防備で出陣sign01

Imgp7772_2

到着した頃はまだ薄明るい感じでしたが

Imgp7788

アッと言う間に暗闇につつまれ、幻想的な風景に・・

Imgp7836_2

平日という事もあり、人影もまばら

Imgp7848

Imgp78411_2

氷に映える明かりと静寂

静かで美しい 『氷濤まつり』

2012年2月11日 (土曜日)

駄菓子いろいろ

子供の頃に食べた駄菓子と言えば

グッピーラムネ

麩菓子

くじ引き飴(ピンクとミドリの飴にヒモが付いてるヤツ)

あんず棒(あんずボー??)

などなど思い出すけど

北海道に来て初めてお目にかかった駄菓子

あめせんsign01

Imgp7883

こちらでは、とってもポピュラーなお菓子だそう。

なので、私が知らなかったという事実から、この駄菓子が全国区でなかった事を知った

まーさんは、ちょっとショックだった模様・・

 

中には水あめが入っていて、美味しいけどメチャクチャ食べにくいsweat01

Imgp7910

歯にくっくく!

上あごにくっつく!

ちょっとイラッthunder

食べるのにものすごく時間が掛かりますsweat02

でも、まーさんは普通にパリパリ・・

やはり食べるには、コツがいるらしい。

 

まだ食べてないけど、同じくスーパーで見付けた「大賞飴」という飴

Imgp7892

なんともレトロな風貌が気になり購入~

   

横浜にしか住んだ事がなく、更に親戚一同横浜在住だったため

横浜での生活しか知らずに過ごしてきたワタシ。

北海道に来て、本当にワタシってば狭ぁぁ~い世界で生きてたんだなぁ~と痛感sign01

北海道でのビックリの日々は、まだ暫く続きそうです・・catface

2012年2月 9日 (木曜日)

クラシカルコースって!?

雪が降った翌日は、なんだか晴れる日が多い気がする

Imgp7496

晴れるとついついカメラを持って出掛けたくなるワタシcatface

先週、車で10分程の所にある「青葉公園」へ

  

公園内を歩いていると、右側と左側の足元の違いにふと気付く

Imgp7483

すると、看板を発見sign01

看板には

Imgp7480

左側は「クラシカルコース」

右側は「ウォーキングコース」 とある。

ウォーキングは分かるけど

「クラシカルコース」ってナニsign02

イラストを見るに、たぶん“歩くスキー”を楽しむ人のコースみたい。

だけど・・

「スケーティング禁止」ってどういう意味だろう

いくら歩くスキーでも、多少は滑るのでは???

滑るのとスケーティングは違うのかなぁ・・・

  

美しい景色の中、ゴチャゴチャ考えながら歩く私sweat02

  

Imgp7482_2

   

北海道の雪は、今まで私が触れてきた雪とは大きく違う

snowフワフワな雪

その質感をどうしても撮りたかったのだけど・・・

Imgp7489

むずかしいsweat01

2012年2月 8日 (水曜日)

遭遇!! メロン熊

東京出張に行っていたairplaneまーさんを迎えに新千歳空港へ

雪まつり開催中という事で、空港は平日にも関わらず大混雑sweat01

去年新しくなった新千歳空港

お店やレストランも揃い、ちょっとしたショッピングモールのよう。

北海道中の物が一度に味わえ、楽しめるので時々遊びに来ます。

 

そんな新しくなった新千歳空港には、なんと!

映画館や温泉施設があります。

北海道まで来て映画sign02

空港で温泉sign02

うーーん

でもまぁ、温泉は旅の疲れを取るという事でヨシとしよう。

でも映画は・・

誰が観るんだろう・・sweat02

  

そんな空港で初めて遭遇してしまいました

熊・・

Pap_0002

夕張のゆるきゃら メロン熊

あまりの不気味さに、沢山の観光客の方達も遠巻きに観察sweat02

happy01 一緒に写真をどうぞ!」

と笑顔で観光協会の人に促されるが・・・

ちょっと尻込みgawk

「顔が怖すぎだよぉ・・」とつぶやくと

ゆるきゃららしく、かわいいポーズを取ってくれたけど・・・

Pap_0000_2

ちっとも、可愛くないgawk

っていうか、むしろ更にギャップが怖い・・

   

この子も“ゆるきゃら”なのか???

ユルサは全く伝わって来ないんだけど・・・

2012年2月 6日 (月曜日)

【2011年】 さっぽろ雪まつり

いよいよhappy01今日から 『さっぽろ 雪まつり』 が始まりました。

今年も行くぞ~~sign01と今から着合いを入れているワタシ。

   

去年初めて雪まつりに行ったのですが・・・

とにかくwobbly寒かったsweat01

北海道での初めての冬snowという事もあったのだろうけど

寒さの厳しさを思い知った雪まつりデビュー

よって、去年の雪まつりの写真を掘り返してみても

メチャクチャ少ないsweat02

そして、集中力ゼロがよく分かる写真ばかりsmile

今年こそは、リベンジsign01ちゃんと写真に収めて来ようと思っています。

   

去年の雪像

サザエさん一家にはドギモを抜かれましたsign03

一家デカッsign03sign03

Imgp1916

Imgp1911

でも、表情も柔らかくて、すご~く良く出来てるcatface

  

Imgp1900

どの雪像も素晴らしい~

   

私は初めて知ったのですが、ビルに囲まれた大通り公園には雪まつり開催中

ビルの高さ程もあるスノーボードのジャンプ台が設営されますsnowboard

初めて見た時は、あまりの大きさと高さに驚きsign03

   

ちょうど行った時間に、スノーボードのジャンプセッションがsign01

Imgp1892

ノリノリのDJと音楽に合わせて選手が次々と華麗にジャンプhappy02

Imgp1894 

レンズ1本しか持って行かなかったので、これ以上寄ることが出来ず悔しいぃ~sweat01

この時ばかりは、あまりの迫力に寒さも忘れ、見入ってしまいましたhappy02

   

と・・

その数日後、札幌に住む高校時代の同級生の友達からメールが・・

「モーグルの選手をしている息子(当時中学2年生)が

毎年雪まつり会場でジュニアのジャンプセッションに出ていて、明後日飛ぶ」 とsign01

す・す・す・すごいsign03

でも去年は、どうしても都合が付かず観にいけず・・・sweat02

なので、今年は絶対応援に行くぞっsign03

今年は中学3年生なので、ジュニアでのジャンプは最後なのだそう。

怪我と隣り合わせの危険なスポーツ

転倒で骨折する事も日常茶飯事なんだそう。

今年は去年のように興奮しながらではなく、

とにかく無事に滑り終えてくれる事だけを、必死に祈りながらの応援です。

2012年2月 5日 (日曜日)

ファンタオレンジ

去年の夏、支笏湖のモラップキャンプ場近くの湖畔で

Imgp1476

タイムスリップしたかのような “ファンタオレンジ” に出会いました

Imgp1213

ファンタグレープ派だった私もちょっと興奮sign01

でも、私が子供の頃は、このデザインではなかったような・・

Imgp1215

飲み口が下にあるのね~

ん?

昔ってそうだったっけ??

Imgp1217

品名:合成着色炭酸飲料・・・

なんだか美味しくなさそうなネーミングgawk

 

数週間前に来た時はなかったので、湖から打ち上げられた模様

何十年も湖をさ迷っていたんだろうな・・

と、ちょっとシミジミconfident

  

手に取ったら、缶と一緒に昭和に戻れそう。

錆びた感じが痛々しいけど、なんだかちょっと愛しい。

2012年2月 4日 (土曜日)

白老 ポロト湖

白老のポロト湖

Imgp7214                             撮影:2012年1月2日

撮った時期は、まだところどころ凍っていない所があり

それがまたゾワゾワ感(笑)を誘いますsmile

Imgp7227

いや、もちろん落ちたら笑えませんけどね・・

  

ここポロト湖では湖が凍ると、湖上でのワカサギ釣りが楽しめるとのこと。

3月上旬まで楽しめるらしい~catface

私の一番のお目当てsmile

今月中に行けるといいな・・

  

子供の頃は、富士五湖などで湖に張った氷に穴を開けてもらい

湖の上でワカサギ釣りを楽しみましたfish

でも、最近では湖は凍らず船での釣りがほとんどらしい。

確かに昔の方が断然寒かった・・

 

横浜に居た頃は、よく釣りに行ったけど、北海道に来てからはまだ1度もなしcrying

 

渓流釣り

磯釣り

波止釣り

沖釣り・・

よく行きましたhappy02

実は私、釣りキチなんです~

 

釣り行きたいなぁ。。。

By  釣りキチみぃ平fish

2012年2月 3日 (金曜日)

おそるべし冬の国道

『雪道を車で走る』 rvcardash 

  

スリップshock

ブレーキがきかないwobbly

横転crying

スピンshock

衝突事故wobbly

  

沢山の恐ろしい話を耳にし、恐れを成していた私でしたが

道産子になった以上は車は不可欠sign01

去年の1月頃からソロリソロリと運転を始めました。

 

実際走ってみると、恐ろしい事が山盛りという事に改めて気付きます。

北海道の人にとっては当たり前の事なのでしょうけれど

未知なる雪道の恐怖に慄く私にはちょっとした衝撃でした。

考えれば当たり前なのですが、何が衝撃かと言うと・・

 

雪に埋まって停止線がナイshock

  

イヤ、停止線ならまだいいんです。

恐ろしいのは、国道などの広い幹線道路では

   

車線がナイcrying

   

センターラインがナイbearing

   

右折レーンがアルのかナイのかも分からないsad

   

正に道路は

「私ってば、道のどこを走ったらいいの??」という状態despair

 

おまけに道路脇には、除雪された背丈程の雪山がある為

出てくる車や人が全く見えないsweat02

   

こんな恐ろしい環境でこちらの人は日々運転していたんだぁぁsweat01

  

先日『江別』という場所に、1人で車で行くことに。

途中の国道では、車が1台も走っておらず

初めて通る道なので、正に

cryingどこを走ったらいいのぉ~」

cryingこの道路、何車線なのぉ~」

という状態

 

果てしなく続く雪原のような道路・・・

「スキー場かよっ!」

と、汗のにじむハンドルを握りながら、1人ツッコミ

Pap_0003

  

やっと対向車が来たけれど、センターラインがどこだか分からないので

右車線は怖くて走れないーーー

Pap_0002_3

途中、横転している車を見掛け、もうそれだけでバクバクwobbly 

  

でも、道路脇の雪山に突っ込み車が横転している風景・・

こちらでは、割とよく見掛ける光景なんだってさ

恐るべしsweat01

2012年2月 2日 (木曜日)

くろいの。

支笏湖にある交番前で出逢った、人懐っこいカーちゃん(勝手に命名)

Imgp7381_2 

カメラを構えると、実をくわえてチョンチョンチョンと近くにやって来た

カワイイ~

カラスって悪者キャラだけど、私は案外嫌いじゃないconfident

 

パトカーがお気に入りの様で、ずっとパトカーにイタズラsweat02

Imgp7374

 

支笏湖の写真を撮り、また交番の前を通ると

カーちゃんは居らず・・

今度は代わりに

Imgp7433

クロネコのクロちゃん(もちろん勝手に命名smile

 

なぜか黒い子ばっかりsweat01

パトカーが黒いからsign02

2012年2月 1日 (水曜日)

雪の支笏湖

先週のとある平日

雪が止み、翌朝は気持ちのよい晴天sun

ちょこっと車を走らせて、支笏湖へ・・

Imgp7430

キーーンと音がしそうな程、冷たい空気

Imgp7422

この日はまだ「氷濤まつり」前という事もあって、ほとんど人気はなく静寂そのもの

Imgp7411

  

こちらは氷濤まつり会場

Imgp7428

この写真っを撮った時は、まだ準備中でした。

おじさん達がスプリンクラーで水を撒いてる・・・

おじさんが氷の像になってしまわないかが、心配 wobbly

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

まき毛

  • まき毛
    ♂ 7歳 【貫禄の長男 温厚だけど人間には媚びないぜ】・・前飼い主飼育放棄により我が家の一員に

あれ

  • あれ
    ♂ 7歳 【チャラ兄貴 運動能力抜群の甘えん坊】・・前飼い主からの虐待により保護 我が家の一員に

アメリ

  • アメリ
    ♀ 6歳 【永遠の乙女 おっとり系だけど超絶人見知り】・・とうきび畑にて保護 我が家の一員に

みぃみぃ

  • Imgp1785_2
    ♀ 4歳 【永遠の末っ子 人間大好き!大好き!の超~絶甘えん坊】・・千歳保健所から家族の一員に

ゆきちゃん

  • ゆきちゃん
    ♀ 1歳 【我が家の鉄砲玉:別名「白い悪魔」 恐いモノ知らずのヤンチャ姫】・・千歳保健所から我が家の一員に

リンクリスト