« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金曜日)

龍宮神社

小樽・龍宮神社へ

Imgp7032

神妙な面持ちで、暫しお参り

Imgp7033

  

実は私、子供の頃から何故か狛犬がとても気になる存在でして・・

神社に行くと必ずどんなタイプの狛犬なのかジッと観察してしまいます。

龍宮神社の狛犬さんは、雪が積もっていてモヒカン!?

Imgp7035_2

正面から見ると、また可愛いcatface

Imgp7038

狛犬を見上げて独りニヤニヤしている私を見て

「気持ちワルイ」

モヒカンみたいcatfaceと言う私に

「バチ当たりだ」

まーさんからの静かな二言。

狛犬さん、ごめんなさい。

でも大好きです。

  

  

鳥居にあった、お正月に向けての看板

Imgp7026

「はつもうで・・で??」 と読む、お馬鹿丸出しの2人sweat02

  

改めて調べてみると

【本来「初詣で」と表記するのが正しいが、近年では「初詣」と表記されているのが一般的】

とありました。

「初詣で」を「はつもうでで」とはもう読まないぞ

1つ賢くなった小樽の旅でした。

  

  

追伸
この日は札幌へイルミネーションを撮りに行く予定でしたが
吹雪と疲れ(寝不足:所用のため朝5時半起床sweat02)の為、断念しました~

2011年12月29日 (木曜日)

小樽散歩

所用の為、小樽に一泊

思わぬ小旅行にちょっとトクした気分。

小樽は千歳から高速で1時間半程の距離

横浜で言えば、湘南へドライブrvcarという感じです。

Imgp7020

とりあえず王道の小樽運河に行ってみましたが、コノ写真を1枚撮ったところで団体さん到着~

人だらけになってしまい撮影はおしまい。

Imgp6990

雪道だと言うのに、人力車のお兄さんも健在でちょっとビックリsweat02

   

   

関内の街を思い出させる石造りの建造物に惹かれて、ツルツルしながらも散歩

そして、日本銀行旧小樽支店に作られた「金融資料館」へ

ルネッサンス様式を取り入れた外観

Imgp6996

Imgp7000

建物内に入ると、柱のない大きな吹き抜けが広がっていて美しいconfident

Imgp7015

カウンターも重厚で趣きがある

Imgp7008

大正や明治の建物って、どうしてこんなにも美しいのかなぁ・・・

優雅な気品を感じます。

2011年12月27日 (火曜日)

イルミネーション

友人から、クリスマスのイルミネーションの写真載せてよ!

とリクエストを頂いたのですが・・・

東京や横浜でなら車で少し走れば、アチコチに美しいイルミネーションが溢れているかも知れませんが

コチラ北海道でイルミネーションを撮ろうと思うと、結構移動しないといけないんですsweat02

それに、今年はイルミネーションをあまり意識していなかったので

イルミネーションの写真はほとんど見当たらずsweat01

やっと見つけた3枚coldsweats01

Imgp6861_2

札幌ファクトリーというショッピングセンター内にあるクリスマスツリー

札幌では一番人気(たぶんsweat02)のある屋内ツリーじゃないのかな?

  

そしてよく買い物に行く、近所のアウトレットモール Reraのクリスマスイルミネーション

携帯で撮ったので、こんな感じ~coldsweats01

Pap_0001_2

Pap_00021_2

ははは。。。

来年頑張りますcoldsweats01  

  

  

明日の早朝に小樽で所用がある為、今日は夜から小樽に行きます。 

明日は札幌にも寄る予定なので、少しはイルミネーション撮れるかな・・と期待sign01

小樽は日本海側で雪が多いので、ちょっと雪も楽しみです。

でも、運転気を付けないとsign01

静かに想う夜

まだまだ数週間あると思っていた12月も、ふと気付けばクリスマスxmas

そして、クリスマスが過ぎたかと思えばあと数日で今年も終わり・・

12月ってどうしてこんなに早く過ぎてしまうのでしょうか。

ほとんどパソコンを開く間もなく、バタバタとクリスマスが終わりましたcoldsweats01

そんな中、1つだけクリスマスらしい事をしました。

  

札幌にあるコンサートホール Kitaraのパイプオルガンを聴いて来ました

Imgp6960

横浜に居る時は横浜みなとみらいホールへ、定期的に友達とパイプオルガンを聴きに行っていたので、久しぶりの音色にワクワク

みなとみらいホールにある“ルーシー”【パイプオルガンの愛称】とはまた少し違う表情の美しいオルガン

Imgp6922

久しぶりのパイプオルガンの響きは、心洗われる美しい響きでした。

後半からは、全国大会にも出場している札幌旭丘高等学校合唱部の方達の歌声も加わり、クリスマス名曲の数々・・

荘厳な響きと澄んだ歌声

様々なことがあった2011年を、静かに想う夜でした

Imgp6933

2011年12月23日 (金曜日)

冬のお楽しみ

いよいよ本格的な寒さがやってきました~happy02

最近は雪もほとんど降らず、大きな道路には雪もない状態が続いていたのですが

昨日の午後から雪が降りはじめ、今も深々と降り続いていますsign01

寒さもここ数日でグッと冬らしくなってきました。

夜に道沿いにある温度計を見ると、『-15度』と表示されていたりして

「いつかバナナで釘を打つぞ~happy02」と、1人で興奮sign03

   

そんな寒い朝の私の密かなお楽しみ~note

それは窓を見ることnotes

窓におりた霜の結晶shineshine

太陽が照り始めてしまうとアッと言う間になくなってしまうので

その瞬間も見逃せません。

Imgp6895

お天気がいいとキラキラしていて、本当にキレイshine

Imgp6896

シダ状の結晶もとても美しく、ついつい見入ってしまいます

Imgp6898

  

でも・・

朝っぱらから、窓に顔を近付けcatfaceニヤニヤしてカメラを構える私を見て

まーさんは怪訝な顔

 

北海道の冬初心者の私にとっては、何もかもが目新しいのですbud

2011年12月22日 (木曜日)

汽車

Imgp1733

北海道では電車の事を、「汽車」と言います。

電気ではなくディーゼルで動く電車が多いかららしいのですが

そんな事を知らなかった今年の春、友達と札幌での待ち合わせの約束をしていた時

「札幌へは汽車で来るの?」 と聞かれ

思わず

「汽車sign02」 と聞き返してしまいました。

だって、汽車ってポッポーなイメージだったから・・coldsweats01

 

その汽車に初めて乗った時 (汽車=JR 普通の電車デス)

ホームに汽車が来る3分程前に着いたのですが

ホームには私以外誰も居ない・・

ポツンと1人、停車位置で並んでいました。

もう電車が来る時間なのに、誰も居ないだなんて何かあったのかな?

と不安になっていると、「もうすぐ到着します」とのアナウンス。

するとホームにどんどん人が・・・

 

後で聞くと、北海道ではホームで待たず、改札口で汽車を待つのが常なのだそう。

理由は冬は寒くてホームに居られないから。

(でも、夏でも改札口で待つそうですcatface

そんな事を知らない私は、当たり前のようにホームの乗車口の線に沿って

お行儀良く1人で並んでましたsweat02

「そんな人、居ないからsmile」と色々な人に笑われましたchick

 

そうですよね・・

東京や横浜の人であふれかえるホームや、殺人的な満員電車が異常なんですよね。

子供の頃、電車通学だった私は、よく満員電車の中で宙に浮いた状態になっていました。

身動き出来ない程の満員の電車の中では、ランドセルを背負った状態で

四方を大人に囲まれてギュウギュウ押されていると・・

ナントsign01wobbly体が持ち上がって浮くんです。

  

車内で下車する人の流れに流され、降りたくない駅で降ろされた上に

電車に戻れなくなり電車出発sweat02

逆に降りたい駅では満員で降りられず、車内でもがくがそのまま電車出発sweat02

そんな事が日常茶飯事。

電車とホームの間に落ちて挟まったこともありました。

(ランドセルが引っ掛かって線路までは落ちませんでしたが・・)

今考えても恐ろしいgawk

子供が通学する環境ではないですね。

 

北海道のゆったりとした流れ

雄大な景色

子供だって元気になれます

2011年12月20日 (火曜日)

千歳基地 航空祭

航空自衛隊がある千歳は、日常的に戦闘機が頭上を飛んでいます。

ですが、未だ私はその日常に慣れることが出来ず

飛び交う戦闘機を見る度に大興奮sign01

あまりの美しさと、格好良さに見入ってしまいます。

 

そんな私のお楽しみhappy02

夏に行われる『航空祭』

真近で戦闘機が見られる~

ですが今年の夏の航空祭は、予定が合わず断念sweat02

なので、写真は去年の航空祭です。

雲が多く、絵としてはちょっと残念でしたが、必死に戦闘機を追いました

_8070148

Imgp0399

  

 

やはり目玉はブルーインパルスhappy02

Imgp0411

_8070210

 

2機の超接近飛行

直接目で見たかったのですが、必死に我慢して・・camera連写sign01

あまりの速さにファインダー内に収めるのがやっとでしたsweat01

背面飛行の1機が、前を飛ぶ1機に後ろから接近sign01

_8070192

_8070193

_8070194

_8070195

_8070196

_8070197

あまりの接近飛行に、いったいどうなっているのか分からないほどでした・・  

  

 

Imgp0466

まーさんの亡くなったお父さんは航空自衛官

きっと空から見ていらしたはず・・

 

来年は観に行けるといいな。

2011年12月18日 (日曜日)

支笏湖ビジターセンター

Imgp1816

博物館や展示物を見るのが好きなワタシ

横浜でも色々な博物館を巡りました。

  

そして北海道に来て、初めて入ったのが支笏湖にある『支笏湖ビジターセンター

Imgp6667

Imgp6680

小さな施設ですが、実際に触れられる展示物が多く

また展示方法にも分かりやすい工夫が多く施されていて

私のお気に入りの施設になりました。

Imgp6684

Imgp6674

もう数えられない程、訪れています。

 

このセンターでは「自然観察会」という会もあり

「野鳥の観察会」や「動物の痕跡観察会」などが行われているそう。

来月には「スノーシューで行く 氷結した滝の鑑賞会」があると聞き興味津々sign01

でも

寒さに耐えられるか・・ソコが問題ですcoldsweats01

2011年12月15日 (木曜日)

衝撃の食文化

衝撃① まーさんの叔父さんの家にて

「お赤飯食べる?」

と聞かれ

happy02大好きです~」 と、答えた私の前にやって来たお赤飯・・・

なんだか色が違うsweat01 

ピンク色sign02

???

と思いながらも口にすると・・・

甘いwobbly

北海道ではお赤飯を甘納豆で作る家庭が多いらしい。

色は食紅でほんのりピンク

お赤飯が甘い・・・

うーーんgawk

申し訳ないけど、ちょっとコレには馴染めそうにないsweat02

 

衝撃② コンビニにて

牛乳とクリームパンと梅おにぎりを購入~

するとレジで

「温めますか?」 と、笑顔で店員さん・・

sign02

温める??

どれを???

牛乳? 

いや、1リットルの紙パックだし・・

クリームパン??

それとも、おにぎり??? 

でも海苔が湿気てしまうよね??

瞬時にそんなことを考えたけれど、結局分からずポカーン顔のワタシgawk

ポカンとした顔のまま

「どれを温めるんですか?」 と質問すると

「え?riceballおにぎりですけど?」 と、ちょっと冷たく店員さんに言われショックdown

恥ずかしくなってソソクサとお金を払って外へ・・

 

聞くと、北海道のコンビニでは、おにぎりを温めるか聞くのが一般的らしい。

温めたら確かに美味しいかも知れないけど・・

Imgp6465

pigそんなルール知らなかったんだもんpig

2011年12月13日 (火曜日)

えこりん村 らくだ軒

『えこりん村』の中にある、イタリアンレストランrestaurant

Imgp6640

モチモチした生パスタがとにっかくhappy02美味しい~heart02

店内の落ち着いた雰囲気と、牧場の風景が広がる景色も、我が家のお気に入りですcatface

  

隣には雑貨や鉢植えガーデニング用品などが売っているお店もあります

Imgp6633

Imgp6632

この時期、クリスマス雑貨もたくさんsign01

そして、そこには私が一番弱い『半額』の二文字が・・

その二文字にまたもや負けた私は、クリスマスオーナメント(赤いマル~)を購入smile

我が家のツリーが少し派手になりましたxmas

Imgp6875

2011年12月12日 (月曜日)

近所のバッファロー

家から車で15分程のところにある 『えこりん村

我が家も時々買い物に訪れます。

一言で言うなれば、大きなガーデニング用品店。

それにプラスして、動物も居る庭園があるょcloverという感じ。

でも・・

ココは北海道sign03 規模が違います。

動物はウサギやモルモットじゃありません

アルパカや羊、バッファロー(牛?)などが居ますhappy02

   

先週の休日、以前から気になっていたバッファローに雪降る中、

会いに行ってきました。

_1011783

初めて見るバッファローは、雪の中で雄雄しい姿で立っていました

_10117871   

Imgp6621_2 

カッコイイ・・近くに行ってみたいsign01

雪を掻き分け、掻き分けdash 柵近くに居るバッファローの元へ

 

大きいcoldsweats02

Imgp6505

でも・・

雄雄しいバッファローはどこへやら

つぶらな瞳が可愛いlovely

トイプードルに見える~lovely

Imgp6518_3

「キミ可愛いねぇ~」と話し掛けていると

遠くからもう1頭がノシノシと

Imgp6536

いやぁ~

キミも可愛いぃ

Imgp6575

スヌーピーみたいlovely

Imgp6592

すっかりバッファローのトリコに・・

Imgp6555_2

お天気がいい時にまた来るぞsign01

2011年12月11日 (日曜日)

みぃみぃ成長記Ⅱ

携帯で撮ったデータを整理していたら、出てきたcat写真

日付を見ると、みぃみぃが我が家にやって来た数日後のもの。

Pa0_00851_2

Pa0_00841_2 

なんだこの寝姿は・・sweat01

2011年12月 9日 (金曜日)

愛燦燦

音楽は記憶ととても結びつきやすいそう

懐かしい音楽を聞くと、一瞬でその音楽を聴いていた頃の自分に引き戻されます。

  

その音楽を聴きながら考えていたこと

その音楽を聴きながら感じていた想い

その頃の自分の想いが溢れてきます。

 

先日、何十年ぶりかに美空ひばりさんが歌う「愛燦燦」を耳にしました。

ずっと避けてきた美空ひばりさんの声

何十年ぶりに、穏やかに聴くことが出来ました。

 

 

美空ひばりさんが亡くなったのは1989年6月24日、私の母が世を去る4日前でした。

母は昏睡状態に陥り、私は何も答えてくれない母と病室で2人きり

無音が怖くて、テレビを小さな音でずっとつけていました。

テレビでは美空ひばりさんを偲ぶ番組が朝から深夜まで・・

十代だった私は、その時初めて美空ひばりさんの歌をじっくりと聴きました。

 

『愛燦燦』

   人は哀しい 哀しいものですね

 

想いのこもった歌声とこの言葉に、私は初めて声を殺して泣きました

歌を聴いて泣いたのは初めて

美空ひばりさんの歌を聴きながら、母と向き合う苦しい4日間でした。

 

そんな過去から、美空ひばりさんの声と結びつく私の記憶は苦しいものでしかなく

その記憶と共にずっと私の奥深くにしまっていました。

 

ですが、先日ふと流れてきた、美空ひばりさんが歌う「愛燦燦」

いつもならすぐにテレビを消すのですが、その時は声に惹き込まれました。

そして気付きました

違う・・苦しい記憶ばかりではない

ひばりさんの歌は、母と一緒に聞いた最期の歌なんだと。

Imgp9360

「愛燦燦」

私と母を最後に繋いだ大切な歌。

2011年12月 6日 (火曜日)

みぃみぃ成長記

みぃみぃが我が家にやって来て、1年と少しが経ちました。

今では我が家イチの暴れん坊ですが、来たばかりの頃は弱々しく

歩くのもままならない程でした。

 

隣町の公園に捨てられていたと、千歳保健所に居たみぃみぃ

Neko

センターで兄弟を押しのけて、1人カメラ目線なのがcatみぃみぃsweat01

Pa0_0103

沢山の兄弟達も全員、飼い主が決まりました。

  

 

携帯での撮影なので、なんだかショボショボですね・・coldsweats01

初めてのマウスsmile

Pa0_0095_2

Pa0_0091

Pa0_0078

こんな天使のようだったみぃみぃも、今や暴れん坊将軍cat

でも、元気に育ってくれて良かった。

2011年12月 5日 (月曜日)

クリスマスツリー

昨日は、積もった雪をとかす季節外れの雨が降っていた千歳でしたが

本日千歳は猛吹雪snowtyphoon

雪が横殴り状態で降っています。

 

最近では滅多にありませんが、子供の頃の横浜は

雪がちらつくホワイトクリスマスxmasになる事も時々ありました。

snow大はしゃぎしたものですcatface

北海道では、「ホワイトクリスマスsign02当たり前じゃんgawk」って感じですが・・・

 

 

クリスマスツリーの飾りつけxmasは、いくつになっても楽しいものです。

Imgp6372

でも今年の我が家のクリスマスツリーxmasのオーナメントは、なぜか上に集中していますsweat02

Imgp6319

なぜならupwardrightコイツが悪さをするからangry

 

気付くと、玄関先にオーナメントがゴロゴロと散乱・・gawk

先日なんて、なんか静かだなぁ・・と様子を見に行くと

「スゴイでしょ?」と得意顔でツリーに登っていたり・・gawk

すっかり、みぃみぃの遊び場と化しています。

Imgp6392

Imgp6406

最初は「コラーーーッ!」と叱っていましたが

遊びたい盛りのみぃみぃにとって、コロコロした物が目の前でユラユラと揺れていたら

そりゃ本能的に飛びついてしまうよね・・と今年は少しだけ大目に見ることに。

Imgp6349_2

クリスマスまでにxmasハゲ坊主になりませんように・・

2011年12月 4日 (日曜日)

いきなりドカ雪!?

わ~いsign03

snowsnowsnownotes と未だ騒いでいるhappy02

「明日は雪掻きだ・・gawk」とまーさんは渋い顔

 

外は雪明りshine驚くほど明るい夜。

「降ってるcatface降ってるcatface」と、ニヤニヤしながら2階の窓から顔を出し、うかれ気味にパチリcamera

Imgp64431

ん?

ウチの車がsign02

Imgp6442

埋ってる・・・sweat02

   

 

既に30cmは積もっている様子

Imgp6446

 

まだまだ勢いよく降り続く雪snow

明日起きたらどうなっているんだろう・・・

ワクワクが止まらない~smile

2011年12月 3日 (土曜日)

いよいよ白い季節、到来

水曜日の朝、待望の本格的なsnowsign01

暴れん坊チームの2匹catと私は玄関から外をじぃぃ~~~eye

Imgp6336

アッという間に玄関先が雪で覆われていきます。

 

我が家の休日でもあったこの日、本当は登別に日帰り温泉に行く予定でした。

でも、雪景色がもっと見たいsign03

という事になり、ニセコ→留寿都(ルスツ)→苫小牧で温泉 

という予定に変更しrvcardash出発

 

ちなみに・・千歳との位置関係はこんな感じです

Static

途中思ったよりも雪は少なく走りやすかったのですが、羊蹄山が見え始めた辺りから雪景色に・・

Imgp6424

羊蹄山の頂上付近は雲の中・・

 

どこに行こうかと彷徨っているとちょっと変わった駅名を発見sign01

Imgp6428

Imgp6430

「昆布駅」train

思わず車から降り、カメラを向けましたが・・

とにかく寒いwobbly

でも、線路の向こう側に何があるのか確かめたくて、ホームの横にあった跨線橋を上る

すると・・

Imgp6432

こんな所で寝泊りする人がいるんだろうか・・・

冬は、むしろこちらから“ご遠慮”です。

  

帰りは苫小牧で温泉(スーパー銭湯だけど天然温泉spa)につかり体を解凍catface

千歳に戻ってきました。

今回は、雪景色に興奮してしまい写真そっちのけsweat02

数枚しか撮らずに帰ってきてしまいました。

ちょっと反省・・think

 

今こうしてブログを書いている間も雪が静かに降っていますsnow

いつものご近所の風景が、見るたび変わっていっています。

雪って美しいconfident

2011年12月 1日 (木曜日)

苫小牧フェリーターミナル

先日、夕食が終わって「ちょっと近くを走りに行こうrvcar」ということになり

あてもなく車を走らせ苫小牧へ・・

苫小牧には埠頭が多くあり、どことなく横浜の本牧に似ています。

 

大きなコンテナを積んだトラックの後ろを走っていると

「苫小牧フェリーターミナル」の看板が

まーさんは数年前、東京からバイクで千歳に帰ってきた事があるため「懐かしいなぁ・・」となんだかシミジミ

私もフェリーを見たくて、ターミナルに入ることに

(携帯での撮影なので、画質が最悪ですが許してください~weep

Grl_0000_2 

ターミナル内では、毛布や大きな荷物を抱えた乗客の方が数人、のんびりと過ごしています

Pap_0006_2

なんだかちょっと閑散としていて、流れる空気はどことなく哀愁が漂うと言うか・・

懐かしい雰囲気と言うか・・

そうsign01

「昭和」な感じ。

Pap_00031_2 

看板からも昭和の香りがプンプンcatface

 

屋上から眺めると、遠くで「さんふらわあ号」が出航の準備をしていました。

Pap_0004

そう言えば、フェリーに最後に乗ったのは高校の卒業旅行の時

卒業旅行は、千葉でしたcatface

久里浜(神奈川県)から金谷(千葉)までの東京湾横断フェリーship

懐かしいなぁ。。

フェリーの旅confident

 

おっ!

苫小牧から名古屋へ行く便を発見sign01 

Pap_0002_2 

大阪の友達に会いに行く時、いいかも sign01

と、1人ship船旅を想像してhappy02ワクワクheart02

  

乗船時間・・・

coldsweats02え。。。

39時間30分sweat02

gawk・・・・

 

大阪へは飛行機でバビョーンと行くことにしますcoldsweats01

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

まき毛

  • まき毛
    ♂ 7歳 【貫禄の長男 温厚だけど人間には媚びないぜ】・・前飼い主飼育放棄により我が家の一員に

あれ

  • あれ
    ♂ 7歳 【チャラ兄貴 運動能力抜群の甘えん坊】・・前飼い主からの虐待により保護 我が家の一員に

アメリ

  • アメリ
    ♀ 6歳 【永遠の乙女 おっとり系だけど超絶人見知り】・・とうきび畑にて保護 我が家の一員に

みぃみぃ

  • Imgp1785_2
    ♀ 4歳 【永遠の末っ子 人間大好き!大好き!の超~絶甘えん坊】・・千歳保健所から家族の一員に

ゆきちゃん

  • ゆきちゃん
    ♀ 1歳 【我が家の鉄砲玉:別名「白い悪魔」 恐いモノ知らずのヤンチャ姫】・・千歳保健所から我が家の一員に

リンクリスト