« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月曜日)

鮭 インディアン水車

先週の土曜日、近所の道の駅「サーモンパーク」へ

するとちょうど「インディアン水車」と呼ばれる水車で鮭の捕獲の真っ最中

_a290487

何十回とココに来ていましたが、捕獲風景を見るのは初めて。

初めての光景に思わず望遠レンズまで取り付けて

シャッターを切りました。

 

水車ですくい上げられた鮭は、そのまま隣にある生簀に入る仕組みになっているそう。

その生簀から、作業員の方々が更に隣にある生簀に鮭を移動させています。

_a290472

_a290473

_a290474

_a290475

生簀から網ですくわれた鮭は床の上に出され、作業員の方々により

先端に木の板が付いたホウキのような物で隣の生簀に掃き入れられます。

何度も何度も繰り返されます

_a290476

_a290477

その作業が終わると、今度は移動させた生簀からトラックの荷台へと鮭を移動

1羽のかもめが、こぼれ落ちる“いくら”を拾い歩いていました

_a290496

_a290516

_a290510

トラックの荷台に入れられると、バシャバシャと大きな水しぶき

ジッとカメラを構えて様子を窺っていると・・

1匹の鮭が大ジャンプsign01

_a290521  

何台ものトラックに載せられて、鮭の捕獲作業は終わりました

_a290527  

生まれて初めて目にした捕獲風景

命懸けで川を上ってきたのに、ここで捕獲されてしまうなんて無念だよね・・

と少し複雑な心境でシャッターを押していました。

全て食用になってしまうのかと思っていたのですが

調べてみると、このサーモンパークで捕獲された鮭は

ふ化事業に用いる親鮭になるのだそう。

 

私はそうした命を頂いて生きている。

忘れてはいけないと改めて想う1日でした。

2011年10月30日 (日曜日)

意気込み

Imgp5652

暖かい日が続いていた千歳ですが、

ここ数日で急に寒くなってきました。

昨日の夜は道道(=県道 北海「道」なので道道となりますdelicious)脇に

ある温度計を見ると・・

4.9度wobbly

「もう“秋”というよりも“冬”の気温だね」

と言ったところ

「いやいや、まだまだ“晩秋”です」と言われてしまいましたdespair

 

去年は冬にあまり写真cameraを撮りませんでした

撮りたい物は沢山sign01たーっくさんsign01あったんですsign03

毎回出掛けるたびに、カメラを担いで出掛けていたんですsign03

でも・・

毎回寒さに負けて、カメラを構えては

「うぅぅ・・sweat02 指がちぎれる~sad 耳が取れるぅ~sad」 

と数枚撮って車の中へ避難

結局必死で撮った写真も、寒さに根気も集中力も奪われ

イマイチsweat02

 

去年の経験でどの位寒いのかが分かったので

今年は完全なる防寒対策をして

カメラ片手に冬の北海道にpunch挑みますっsign03

好ご期待sign02 smile

2011年10月28日 (金曜日)

肉球

陽のあたるテーブルの上で、みぃみぃうたた寝

Imgp5872

肉球丸出しでうたた寝

Imgp5883

2011年10月27日 (木曜日)

白鳥飛来

家から車ですぐの畑に白鳥が飛来して来ていました

この日は雨rainであいにくの天気で、望遠レンズも持たずに出掛けたので

こんな写真ですが・・

辛うじてsweat01白鳥です

Imgp5788

その前日たまたま近くを車で通りかかった時に、白鳥が来ているのに気付きました

でも、最初は白鳥だと気付かず

「畑の中に白い砂袋が沢山転がってるsign03

と思ってしまいましたsweat02

Imgp5798

            ↑砂袋に見えちゃったんです・・・

Imgp5797

中にはまだグレーの子白鳥も居ました。

 

家の近くに白鳥が飛来して来るなんて驚きでしたが

千歳では当たり前の光景だそう。

でも、こういった写真を載せると、横浜の友人から

「どんだけ山奥に住んでるの?」

とか

「隣の家まで車で何十分とか掛かるの?」

と聞かれたりしますcoldsweats01

Imgp5827

いえいえ、この白鳥が飛来して来る畑も、市街地からすぐの場所なんです

↑の写真をよーく見ると車が見えるように、この畑も道路に面していて

すぐ近くをビュンビュン走っていたりするんです

自然と隣り合わせ・・というか、

自然と共存しているそんな風に感じます

自然がとても近くに感じられる千歳は、とても素敵な所です

2011年10月26日 (水曜日)

熊出没注意

先週、隣町の恵庭にある 「ラルマナイの滝」 に紅葉を撮りに行ったときのこと

駐車場にはこんな看板が・・

Imgp5706

以前の私ならこれだけで、ギョッ!としていたのですが、1年程北海道で過ごし

コノ手の看板には少し見慣れてきました。

 

でも一番怖いのは

20111009k0000m040098000p_size51

このように、ココに出たぞ!という看板。

この看板には時間が載っていないのですが、近くでよく見掛けた物には

時間の記載もあり、「○月△日 ◇時頃 熊出没 」というもの。

 

今年の夏、苫小牧によく行っていた事があったのですが、

数日後またその場所を訪れたところ、前回私が居た場所に正に私が居た日時が

記載された「熊出没」の看板が立てられていて、ゾッshockとしました。

  

他に迫力ある看板も多くあります

E382afe3839ee587bae6b2a1e6b3a8e6848

支笏湖に向かう途中にあったコノ看板

超ド迫力ですsweat01

 

そしてココに出たぞ!以外の看板で一番怖かったのは、

苫小牧にある「樽前ガロー」という自然保全地区にあった看板。

平日に訪れたこともあってか、全く人の気配がない山の中に

ポツンと立つこの看板

D0133955_1646412_2

最初は「この熊の絵、目が白目で怖いね~delicious

なんて軽い気持ちで読み進めていたのですが、

「夕方から早朝にかけては入山してはいけない」と・・

只今、思い切り夕方sweat02

そして一番最後の一文が一番恐ろしい

「クマが近付いてきたら、クマと視線を合わせたまま静かに後退してください。

持ち物を置いて、クマの注意を引き 時間をかせいでください。」

なんてリアルで具体的なアドバイスwobbly

本当はこの辺りを散策しようと思っていたのですが

イソイソと車に戻った事は言うまでもありませんbearing

 

人による自然破壊など要因は人にもあるので、難しい部分でもありますが

お互いの為にも遭遇しないように・・と祈るばかりです。

2011年10月23日 (日曜日)

紅葉めぐり 内別川

Imgp5560_2

毎度お馴染みの wink 私の大好きな場所。

内別川

木曜日の早朝、カメラ担いで散歩に行って来ました

Imgp5566

紅葉の進み具合も気になりましたが、今回は鮭がメイン

「鮭はいるかな?」とキョロキョロ

Imgp5575_2

静かに上流に向かって歩くと、何匹かの鮭の影がっsign03

まーさんと共に、鮭camera激写sign01

一生懸命シャッターを切りましたが、水面の光や影でちょっと分かり辛い・・sweat02

分かるでしょうか?

丁度モミジの所に鮭クンが居ます

Imgp5595

元気に泳ぐ鮭を7匹ほど確認することが出来ました。

Imgp5675

木々の紅葉は少し過ぎてしまったようでしたが

川の中の紅葉は色鮮やかで幻想的です。

2011年10月22日 (土曜日)

紅葉めぐり 支笏湖~大滝村

紅葉めぐり、続編です

Imgp5421

オコタンペ湖を後にして、支笏湖方面へ

道路脇の木々も美しく紅葉maple

支笏湖を一望出来る広場からは、澄んだ青空と支笏湖が・・

Imgp5425

  

そろそろ腹ごしらえ・・という事で、我が家御用達smile 「きのこ王国」へ

正にその名の通り、きのこ三昧が楽しめるところ

Imgp5432

建物はとってもsign01ド派手sign03

「きのこ王国」というよりも、「きのこ御殿」って感じです。

全貌を撮るつもりで居たのですが、あまりの腹ペコで足早に中へ・・

Imgp5430

入り口の足元には、熊の足跡があったりして、ちょっとシャレが利いています。

(近頃だと、シャレになっていないかも知れませんが・・・sweat01

  

ようやく本日の目的地、大滝村と白老の間にある峠に到着

Imgp5469

ぬける様な青空と山々のあまりの美しさに、暫しうっとり

Imgp5454

車が時折通るくらいで、歩いている人は誰もおらず

静寂の中、景色を独り占め

夢中でシャッターを切る

Imgp5464_2

  

 

帰り道、途中の「三段滝公園」で一休み

公園内にニョキッ!と立つ、ちょっと強面のトーテムポール

Imgp5478

三段滝近くは、残念ながらもう紅葉も終わり・・といった感じでしたがcameraパシャリ!

滝の左手にカメラをかまえる私が居ますdelicious

Imgp5509

写真を撮るのは好きなのですが、撮られるのはどうも苦手な私

なので、いつからか出かける先々で影写真を撮るのが、我が家の習慣になっています

意外な物と影を撮影したり・・ちょっと面白いですよ。

2011年10月21日 (金曜日)

紅葉めぐり オコタンペ湖

Imgp54041_2

暫く写真も撮らずPCも開かずぼんやりとしていたのですが、

入院している友達や多くの方が見てくれているという事を思い出し、

北海道の美しい秋、紅葉を撮ろう!とやっと動き出しました。

 

紅葉のベストシーズンはちょっと逃してしまったのですが

晴天の水曜日、バイクで紅葉巡り

 

まず初めに訪れたのは、「オコタンペ湖」

支笏湖近くの美しい湖です

山の頂上付近は、もう紅葉が終わってしまっていますが、オコタンペ湖独特の深いグリーンの湖面が映えて美しいmaple

Imgp54081

千歳に来て初めて訪れた湖

最初名前を聞いた時から私の頭の中には全てカタカナで

「オコタンペコ」と浮かび、そういう地名なのだと勝手に解釈sweat01

なので、暫く経って「オコタンペ」という湖だと知り、ちょっとビックリ。

よーく考えれば分かるだろっ!って話なのですが・・coldsweats01

北海道の地名に慣れるには、まだもう少し時間がかかるようです

2011年10月20日 (木曜日)

同志

Imgp7223

遅ればせながら・・

横浜から戻ってまいりました。

15日に北海道に戻ってきたのですが、なかなか自分を立て直す事が出来ず、こんなに時間が過ぎてしまいました。

 

今回の横浜滞在は、今、自分に出来る事は何なのか、考え過ごした日々でした。

闘い続けてる友人に久しぶりに逢え、ギュっと抱き合えたこと

嬉しかった

「離れていてもいつも一緒に居るよ。いつも想っているよ。」

彼女に一番伝えたかった想い。

これからも、一緒に闘っていく。

しっかり届いたよね?

頑張り過ぎないで。

ゆっくりとでいいから前に進もう。

また逢いに行くよ。

2011年10月 8日 (土曜日)

横濱

Imgp7251_4

明日から1週間程、北海道を離れます

9日は箱根で過ごし

10日から15日まで横浜に帰ります

祖父母と両親のお墓参りと、入院している友人に逢いに

1年ぶりの横浜です

Imgp7229_6

横浜は私が生まれ、育った街

生まれて初めて横浜を離れて、改めて「横浜」という地が私にとってどれだけ大切な場所であるのかを知りました

こうして横浜の写真を見るだけで、鼻の奥がツンとなったりして・・

沢山の想いがわいてきます

 Imgp7245_2

でも、やはり一番は友人の存在

こんな私をいつも静かに私を見守り続けてくれています

友人は私にとっての「実家」

友人孝行しなくちゃ

2011年10月 7日 (金曜日)

ヒグマが街に・・

Imgp53561

昨日から、全国版のニュースでも札幌の街中にヒグマが出たとニュースになっています

実は・・

私の住む千歳にも、数日前からヒグマが住宅街に出没して騒ぎになっています

千歳にヒグマ出没

北海道の熊は、本州でよく耳にする「ツキノワグマ」ではなく「ヒグマ」

北極熊と並ぶ最大級の大きさ

いわゆる“グリズリー”

考えただけでゾッとします

 

我が家からこの現場へは車で5分程の距離

静かな住宅街

そこで、玄関前のガラスを割られているという事は

当たり前ですが玄関前にヒグマが居たということで・・

本当に何事もなくて良かった 

 

我が家は幸いにも山は近くにはないので、大丈夫かな・・とは思いますが

この玄関フード部分は、ネコ達の格好の遊び場となっているので、もしも熊が来たら狙われかねないですよねimpact

 

Imgp5329

2日の午後、ヒグマの出没など知る由もなく、内別川に鮭と紅葉の状況を観に行っていました

この内別川、ニュース記事に載っている地図で言うと、クマの出没が多くある青葉公園上の道路を山方面(地図左側)に進んですぐの所

鮭も毎年沢山遡上して来る所なので、私がヒグマなら一番最初にココに来るかも知れません

遭遇しなくて良かった・・

でもきっと私以上に、ヒグマも遭遇せずに良かったと思っているはず

2011年10月 3日 (月曜日)

あくび

Imgp1808_2

Imgp1809

Imgp1810

ベットで大あくび

天真爛漫みぃみぃ

 

今はコンセントを抜いているので、ただのベットですが

真冬になると我が家唯一の猫専用ホカホカベットに・・

なので、毎年このベットを巡って争奪戦が繰り広げられます

でも

ほぼ1日中独占するのは、普段はおっとりなアメリお嬢

一度陣取ったら、何が起きても絶対どかない戦法cat

体型もそうですが、最近ちょっとオバサン化しているアメリちゃんsweat01

2011年10月 2日 (日曜日)

道民はダジャレ好き?

Imgp3759                      ※写真は本文と関係ありません・・sweat01

北海道に住んで1年と少し

最近、ちょっと気になっている事があります

それは・・

なんだかヘンな名前の施設がやたらに目に付くことsign03

例えば・・

こんな感じ 

 

そなえーる (千歳市防災学習交流センター)

ミナクール (千歳市民活動交流センター)

kitara  (キタラ : 札幌コンサートホール)

ノルベサ (観覧車がある商業施設)

つどーむ (スポーツ交流施設)

 

全部ダジャレって言うかさぁ~

gawkそのまんまじゃんsign03 

と毎回独りでツッコミを入れるワタシ 

北海道の人ってダジャレ好き?

それとも、名前考えるの面倒くさかった??と独り想像

 

でも、その事を地元の人に伝えても

「そぉ?」

とノーリアクションの人が多く、全くもって gawk つまらない~

北海道ではそういう名前の付け方は普通なのかなsign02

うむむ・・・snail

謎がまたひとつthink

2011年10月 1日 (土曜日)

さみしい想い

Imgp2806

多いときは週に1度は通っていた、近所のスープカレー屋さん

「薬膳 スープカレー」

薬膳というだけあって、クセがあるけどそれがまたまたなんとも美味しくてlovely

ここでなきゃ味わえないコノ味にはまり、正に我が家のご褒美メニュー

 

でも・・

沖縄から戻り、久しぶりにお店に行くとなんだか閑散としていていつもと違う様子

ご主人が屋根に上ってペンキ塗りをしている

なんだか嫌な予感

ご主人が私達に気付き屋根から下りてくる

「突然で本当に申し訳ないんだけど、店をたたむ事にしたんだ・・」

と寂しそうにご主人

「色々な事情があってね・・」と。

 

暫しお店の前で想い出話

まーさんが一番古いお客さんであったそう

これからは会社勤めをするというご主人

笑いもあるけど、結局どんな話をしても3人で

「はぁ・・寂しいね・・」と黙り込んでしまう

 

沈んだ空気を吹っ切るかのように

「実は昨日お宅にカレーを持ってご挨拶に伺ったんですよ!

これ食べて下さいね!

スパイスは手に入るから、家でスープカレーを作ったら必ず連絡しますから!」

と、フリーザーバッグに入れたカレーを笑顔で手渡してくださるご主人

「今までありがとうございました」とお礼を言い、車へ戻る

 

振り返るとご主人はまたペンキを抱え屋根の上へ

お店を引き渡す準備

きっとこれから店名が描いてある壁面も塗り潰すのだろうな・・

どんな想いで1人作業をしているのだろう・・

少し考えただけで、胸がいっぱいになる

 

奥さんと2人で切り盛りしてきたお店

あのお店はきっとご主人の人生そのものだったはず

それを自分で塗り潰す悔しさ・・ 

業種は違えど、我が家も同じように千歳で静かに仕事をさせて頂いている

ご主人の何とも言えない寂しさが胸に響く

 

そして私の中にあるまた別の想い

初めて北海道に来て、最初に入ったのがあのお店だった

だから、あのお店に行くと、北海道に来たばかりの頃の自分を想い出す

「北海道を楽むぞsign01」という気持ちと

知っている人が誰も居ない地へ来てしまった不安

生まれて初めて横浜を離れた寂しさ

長年の友人との別れ

残してきた様々な想いがゴチャマゼになり、漠然とした不安に駆られていた

そんな頃もよくカレーを食べに行っていた

奥さんは千葉出身の方

お話しする度、なんだか少しずつ不安が消えていく気がした

 

あのお店は、北海道でゆっくりとゆっくりと根を張っていく自分を感じられる

そんな場所だった

はぁ・・

本当に寂しいな

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

まき毛

  • まき毛
    ♂ 7歳 【貫禄の長男 温厚だけど人間には媚びないぜ】・・前飼い主飼育放棄により我が家の一員に

あれ

  • あれ
    ♂ 7歳 【チャラ兄貴 運動能力抜群の甘えん坊】・・前飼い主からの虐待により保護 我が家の一員に

アメリ

  • アメリ
    ♀ 6歳 【永遠の乙女 おっとり系だけど超絶人見知り】・・とうきび畑にて保護 我が家の一員に

みぃみぃ

  • Imgp1785_2
    ♀ 4歳 【永遠の末っ子 人間大好き!大好き!の超~絶甘えん坊】・・千歳保健所から家族の一員に

ゆきちゃん

  • ゆきちゃん
    ♀ 1歳 【我が家の鉄砲玉:別名「白い悪魔」 恐いモノ知らずのヤンチャ姫】・・千歳保健所から我が家の一員に

リンクリスト